就職活動のときにあえてその先を考えてみる と 就職活動を通じて、生きるって何か考える


by shushokukatsudou
カレンダー

<   2005年 02月 ( 57 )   > この月の画像一覧

第三回ミーティング

長々と書いたのに消えてしまった、、、
やる気なくなる・・・
もう一回書こう・・


昨日、第三回ミートがありました。

今回はドタキャンが相次ぎ(苦笑)、参加者は7名。
前回に引き続いてきたのは2名のみ。

でも常に新しい風を入れていくのは、とても大事だと思うから、今後も「参加者」と「企画者」を分けない方針は変えずに行こうと思います。直接話して考えを伝えることの大切さを実感する日々。向こうから得るものも、同時に大きいからね。

これを通じて、主体的に動く人が増えれば、もっともっと良くなっていくと思うし、個人的にも色々な人と接する機会が増えて、嬉しい。それはプロジェクト云々じゃなくて、純粋に、これからの可能性だと思う。


さて、今回のミーティングのテーマは

> 1、このプロジェクトの「成功」の定義
> 2、webの検討、拡張の方向性
>   (理念やコンセプトがクリティカルに伝わるか)
>   (コンテンツは適切か)←どんな点で?
> (それらを踏まえたうえで)
> 3、今後の広報のあり方
> 4、関西問題(絶対結論を出す!)
> 5、就活本格化の中での、今後のプロジェクトの具体的な方針(イベントなど)
> 6、飲み会に関して

でした。

大部分の時間を1に費やしてしまった。

富士山に100人で登るっていう、非常にシンプルなことなのに、なんでそんなこと考えるんだって思う人もいるかもしれないけれど、これってすごく大事なことだと思うんだよね。今回のプロジェクト、色々なカードがあって、それを取捨選択していくわけれだけれど、じゃ、なんでこういう告知をするんだろう、とか、なんでこういうイベントをするんだろう、とか。核にある「成功や目的」みたいなのがないと、ぶれちゃうんじゃないかな、と。

仕事であれ、趣味であれ、あるいはプライベートであれ、時に立ち止まって、自分がそれをやっている理由だとか、目的だとか、そういうことを考えるのは、とても大事なことのような気がする。もちろん、見つからない場合もあるだろうし、変わることもあるんだろうけれど、でも、だからこそ考えないと迷子になっちゃうと思う。

すごく大げさな言い方をすると「主体的に自分らしく生きる上で」大事なこと。


で、時間内にはちょっとまとまらなかったんだけれど(考えれば当たり前のことなんだけど)、個人的にどう思うか、についてちょっと書こうと思います。


が・・・・タイムオーバー。。。


帰ってきてから、また書きます。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-28 14:18

おれはおれ。

大したことじゃねーな。

ていうか、一体人生の勝負ってのはいつなんだろう。



てか、勝負ってなんだ。




あれかな。




「結婚しよう」



ってのが、実は、最大の勝負だったりするのかな。




就職活動。


たかがしゅーかつだぜ、あほくせえ。



おれは、日本で一番自分に合っている大学を選んだと思う。

ま、私立ここしか受けなかったけどさ。


直感かな。


他の大学行ってたらどうなっていたのかは分からないけれど、でも多分、

同じこと言っているような気がする。



どこ行こうと、おれはおれだよ。



大したことねーよ、しゅーかつなんて。


空気に踊らされて、自分を見失うな。



企業の軸にあわせてぶれるな。


お前は、お前だ。





企業を見る前に、鏡を見よう。



あんた一体何者だ。




それが良い就職活動につながるんだ。





間違いない。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-27 02:57 | その他の雑記

朝まで生討論

朝まで生討論を見ている。
この番組大好き。

議論朝までとか大好き。

でも、田原総一郎はなんで、こんなに人の話を最後まで聞かないんだろう。。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-26 03:42 | その他の雑記
Happyな就職のために、考えておくべきこと

これが一番大事なんだよ!!!

うおー、やっぱわかってるな、リクルート。(偉そうだけど。。)
ちょっと嬉しくなった。
この記事をもっと目立たせておけばいいのに。

個人的に良いなーと思ったのは、第三回の「何回も繰り返す」です。

「キャリア形成の8割は“偶然”が支配している」という事実。アメリカのクルンボルツという教育・心理学者が、人が前向きに行動していくうちに、偶然の出会いや機会によってキャリアが決まっていくケースが大半であることを明らかにしたのだ。だからこそ、「完全には決められない」という前提に立って、自ら出会いのチャンスを広げ、有益な情報を仕入れたり、機会に遭遇するようにしておくこと。そのように「自分にとって望ましい偶然」が起こる可能性を高めるために、積極的に行動することが大切なんだ。(上記URLより引用)

そうだなー。
ちょっと最近、おれも固めすぎていたかも。

考えて考えて考えて、でも変化に対して寛容であるように。


日本は、絶対変われると思う!!
ま、大企業があんなんじゃ、時間はかかると思うけど・・・。



*あんなんっていうのは、後日アップします。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-26 00:17 | その他の雑記

メディア

ライブドアとフジテレビの争いで最近テレビが人気だ。

というわけで、堀江社長の日記を見てみた。

堀江さんも、きっとAをAとしか言わない人なんだろうなと思う。Aは正しいんだけれどね。意外と、A、A、Aと言っても伝わらないことが多いのが事実なのだ。どっちが良いのかは、おいておくとしても、とりあえずそれが現状なのだろう。それを変えなければならない、というのも、正直分かる気がする。


日テレのニュースプラス1で、

「うまくいかなかったらどうしますか」
「なんでうまくいかなかったら、ということばかり聞くんですか。
 もっとポジティブな話をしましょうよ。
 みなさんそういうことしか聞かないんですよ」
「みなさんそうですか」
「そう、みなさん(=マスコミ)いじわるですよ」

というやり取りがあったのだけれど、画面右上に出ていた表示は、ずっと

堀江社長
「みなさんいじわる」

だった。

事実を並べてウソをつくことは出来る。ウソを並べて真実を伝えることもできる。今回は、前者だったようだ。残念ながら。既存のマスコミにがっかりしてしまうのも、分からないではない。もちろん、優秀な人は沢山いるのだろうけれど。フジのドラマなんて、フィクションを並べているのに、本質を伝えているような気がするから、結構好きなんだけどな。


「堀江さんの言っていることは、全然新しくない」

と偉そうなコメンテーター(コメンテーターっていうか知識人気取りの芸能人)がどっかで言っていた。


インターネットとテレビの融合なんていうのは、確かに、ずっと前から出ていた話だろうし、おれも大学の授業でそういう企画を提示したことがある。番組(ドラマでもドキュメンタリーでもバラエティでも)で出ていた商品に気に入ったものがあったら、画面をクリックして、そのまま通信販売の画面にアクセスできるようになれば、絶対に全ての仕組みが劇的に変わる。そもそも広告って何なのかっていうところを含めて、テレビ業界に大きなパラダイムシフトが起こるのは間違いない。

おれでさえそう思うんだ。
単なる学生ですら、だ。
しかも、かなり前から。

堀江さんが言っていることは、別に新しくもなんでもないとは思う。


でも、誰もやってない。

小さなところではやっているのかもしれないけれど、それを大きなところで、キー局で「実際に」やろうとしているところは、今までなかったんじゃないかと思う。少なくともおれは知らない。(まあ、もし、お抱えのIT企業がこっそりやろうとしていて、技術面で話を進めていたところで割り込まれたんだとしたら、怒るのもムリはないと思うけれど。。)

「考える」と「実際にやる」は全然違うと思う。考えることなんて、誰にでも出来る。偉そうにふんぞり返った知識人気取りの芸能人にだって出来る。

でも、それを実際にやるのは、誰にでも出来ることじゃないと思う。
それが分からないから、あのアホはあの程度のポジションなんだろう。
まあ、そんなのは、どうでもいいんだけど。


ま、つまり、インターネットには、今後無限の可能性があるってのは間違いないわけで、黎明期にある今が、ネット業界の会社に入るラストチャンスなのかもしれないということでした。

以上!!



全然関係ないけれど、堀江さんのblogに

消費者に真摯に向き合い、悪い意見を沢山受け取るのは相当な覚悟が要る。精神力も相当に強くないとやっていけない。匿名で掲示板やblogに書かれる意見は、いわば陰口も多い。公然と陰口を聞いているとショックなことも多いだろう。でもそれを受け止め、役立てねばならない。そうすることにより、自分が成長していくのだ。強くなれるのだ。


同感です。

自分には感情はない、といいながら、不快感を全力で出している堀江さんが面白いですが、応援しています。頑張ってください。


おれもがんばろーっと。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-25 18:36 | その他の雑記
エキサイト社長・山村幸広とお寿司

コートに雪が積もってしまったため、バイトは中止になった。前回の雨といい、今回の雪といい、テニスコーチは、収入が一定でないから困る。仕事が中止になると、なんだかうれしくなるんだけど(ダメじゃん・・・)

さて、バイトが中止になったので、ESでも整理するかなと思いぶらついていたら、エキサイトの社長のブログに行き着いた。

前々から知っていたのだが、じっくり読んだのは今回が初めて。経営トップがblogを公開するのは、IT系ベンチャーの最近の流行(藤田社長も堀江社長もやっている)みたいだが、とても良いと思う。企業にとって一番大事なのは、トップの理念がどれだけ浸透するかだと思うし、何より、トップを身近に感じることは、社員にとっても顧客にとっても、大きな意味を持つからだ。

そんな中発見したこの企画。

な、なんと・・・社長が寿司をおごってくれるそうだ。。

サイバーエージェントのアメブログでウソ話を募集、書籍化も夢のある話(しかもwin-win)だなと思っていたけれど、これはビジネスとか全然関係なく、一周年記念プレゼントということで、懐の深さというか、フットワークの軽さを感じた。大手にはなくて、ベンチャーにはあるところ。

トラックバックが応募ということで、こうやってトラックバックしているのだけれど、もし当選したとしたら、OB訪問ということになるのだろうか。

社長にすし屋でOB訪問。

なんじゃそりゃ・・・・


いつも偉そうに、「自分の富士山を考えろ」とか、「内定ばっか追い求めんな」とか、「やりたいこと、本当に考えているのか」とか言っているけれど、社長を目の前にしたら、えー、おれどうなっちゃうんだろう。

さっぱり分からん・・・。


でも、色々話を聞いてみたいです!


というわけで、あたったらいいなぁー。



追記:

社長の記事によると、このおすし屋さん、相当おいしいらしいのだが、味を感じるほど余裕がない予感が・・・
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-25 17:25 | その他の雑記

どうでもいいけど

青田刈りじゃなくて青田買いね。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-25 13:33 | その他の雑記

抜き身の刀

面接二個。

一個目のやつは、ついに社長とお話しすることが出来たんだけれど、かなり大きな気付きを得られたし、その後、一緒に面接行った人との食事で、フィードバックをもらえて、すごくすごく良かった。
この会社は、とりあえず社長と話すのが目標、というか、受けた目的だったのだけれど、それを果たし、また予想以上の気付きを与えてくださったので、とても良かったと思う。

やっぱり、社会人とか、社長とかってすごいよ。そう思います。

あの指摘で、おれの就活はまた変わるんだろうな。
忘れないようにしよう。

ありがとうございました。


------


つまりおれは、抜き身の刀を振り回しているんだと思う。
バガボンドで出てくる若い頃の武蔵だ。

天下無双。

おれが一番だって、必死に剣を振り回している。そして、実際にそれなりに強くて、ばったばったと敵を切っていくんだけれど、でも、それは本当の強さじゃない。

武蔵だって、出会って気付いたじゃん。
だれだっけ、あのじーさん。

宝蔵院胤栄?


本当の強さって何だろうっていう話だよね。



本当に強い人は、多分、剣なんていらないんだろう。


相手を見て、微笑むだけで、相手の力が抜けていく。



それが本当の強さだ、多分。


おれの刀は、おれの弱さだ。


きっとまだ青いんだろうな。



剣がなくても勝てるような、というか、勝ち負けを超越したような、そういう強い人に、なりたいです。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-24 15:59 | その他の雑記
なんだろう、最近やっぱりそうだって思い始めたんだけれど、

Aを言うときには、Aって言うだけじゃダメなんだよね。

Aなんだよ、Aだよ、A!!!

っていくら声高に叫んだところで、最初にAって言うフレーズで伝わらないのであれば、何度Aと言っても伝わらない。これが、おれが分かっていないところだと思う。正攻法、だけ。ダメなんだよね、それじゃ。Bを言ったり、Cを言ってみたり、時にはZも言ってみたりしなければいけない。


全然違うことを言っているはずなのに、結果的にAが伝わっているような人を見ると、すげーなーと思う。表現者というか、そういうひとの感性には、すごく魅かれるし、自分もそうなりたいと思っている。


多分、プロジェクトマネージメントも同じで、その微妙なバランス感覚って言うのは、多分、経験によってのみ養われるんだと思う。経験とフィードバック。それをひたすら繰り返すしかないのだろう。


早くからそういうことが出来る環境に、身をおきたい。


そういう意味では、F3プロジェクトは、かなり勉強になる。

そういえば、参加者が100名を越えましたー!
やったー。
全部で120弱かな??
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-24 02:21 | その他の雑記

しかし・・・

色々難しいな。

1+1=2

っていうのは、本当に数式の上だけなんだね、っていうのを実感する日々。


難しいなぁ。

何が正しくて、何が間違っているか。

どんな方法が一番良いのか。

どんな結果が一番良いのか。



わからんー。


難しいよ、やっぱ。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-02-23 21:58 | その他の雑記