就職活動のときにあえてその先を考えてみる と 就職活動を通じて、生きるって何か考える


by shushokukatsudou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「成長する」を考える。

成長したかったのでこの企業を選びました!
この仕事は絶対に成長できるので魅力的です。

成長成長成長。

やたらとこの言葉を目にする。


お前ら、本当に成長したいんか、と。


そもそも成長って何だ。
考えたことあるのか?


何?何?何?
身長???

それとも、もう上には伸びないから、今度は横に成長します!!ってこと?


何を伸ばしたい?自分のどこのどんな能力を伸ばしたいと考えている?クリエイティブ能力?コミュニケーション能力?思考力?プレゼン力?企画力?リーダーシップ力?組織マネージメント力?プログラミング力?洞察力?説得力?

「全部です。全部まとめて人間力です。」


って、すぐに言っちゃうような人間は、多分何も考えていないんだろう。


何のために、その能力は伸ばすんだ??

何のために、じゃなくて、伸ばすことが目的?
本当に?本当に伸ばすことが目的?

人間的に少しでも成長したいから?


何ですか、あなたが目指すのは仙人ですか。

30年後は山に登って世俗の煩悩を断ち切りたいんですか。


もうアホかと。バカかと。

勝手に登って勝手に死ね。



それを考えずに、気軽に「成長」って言っちゃう人間が、
本当の意味で成長なんて出来るはずがない。
適当に仕事して、力ついた気になって、「成長した」気になって、
そんで気付けば定年だ。絶対そんな格好悪いの嫌だ。



視野が広くなります。


その広くなった視野であなたは何が見たいんですか?

狭い視野のままだったほうが、幸せかもしれないのに。
自分の周りだけみて、満足しているだけだって、十分幸せで、
そういう人生だってありだろう。


なのに、視野広くしたいの?


なぜなぜなぜなぜなぜ???


全然分からない。



仕事が大変じゃないわけないじゃないですか。
つまらないことだって、理不尽な事だってありますよ。
意味を見失うことだって、沢山あるでしょう。

それを支えるのは何ですか。

気持ちじゃないですか。
信念じゃないですか。

-「これがやりたい」
-「絶対一生のうちにこれはやってみせる」

そういうのないと、持ちませんよ。
それが「夢」だったり、「一生かけてもやりたいこと」だったりするんでしょう。

それがないと、五年後は疲れきったサラリーマンが一人生まれるだけですよ。


「仕事つまんねー」

「お前の方がよっぽどつまんねー」って言ってやりたい。

言わないけども。


「成長」をモチベーションの理由にするのも、もちろんありだけれど、
だったら、その「成長」の「先にあるもの」を考えないと。

必要なのは、「具体的な」ビジョンであり、プランだ。


視野が広がったら、そのとき見えるものもまた違うだろうから、
そのとき考えればいい、ってちょっと前までは思ってました。
でも、多分そうやって思ってたのは、先延ばしにしただけ。
自分と向き合うことを。考えることを。


確かに今は考えられないようなものが見えるようになるかもしれない。
今は出来もしないような力がついているのかもしれない。
自分に何が出来るのかなんて、その時にならないと分からない。

それは確かにそうだろうと思う。

でも、そのとき何を考えられるのかっていうのは、「今、何を考えるか」にとても
大きく左右されるんじゃないか。


「この仕事に喜びを覚えるから」とかじゃなくて、
「成長したい」って言っている人に聞きたい。

それを軸にしている人に聞きたい。


あなたは、「成長して」どうしたいんですか?



でね、今の自分に聞くの。



じゃあ、5年後、10年後、20年後、どうしてたいの?


って。


口ごもごもしながら、自信なさそうにいくつかの答え言うんだけど、
その「本気度」「考えぬき度」が甘いのは、あまりに明らかなの。


だから、いろんな「考えている」人と話したい。

おれはまだまだまだまだまだまだ考えたりない。

刺激が必要。


一人だとどうしても煮詰まってしまうから。




*社会人の人が何を考えているのか知りたくて、今日の社員さんには下のこと聞きました。そして、自分にとってのOB訪問の意味が分かりました。よし、OB訪問しよう!
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-01-20 22:47 | 自己分析、自己PR