就職活動のときにあえてその先を考えてみる と 就職活動を通じて、生きるって何か考える


by shushokukatsudou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

就職活動は就職のためにやるわけじゃない

衝撃と勢いで下の記事を書いたわけですが、改めて考えてみる。
(*下の記事を読まれていない方は、最初に下の記事を読んでください)


で。

就職活動って何だろう。


就職活動は就職のためにあるわけじゃないんじゃないか。


就職はゴールじゃない。
その先転職だって独立だってするだろう。

とりあえずのスタートラインに立つだけだ。


以前も書いたけれど、就職活動でする”自己分析”は、「自分を知るため」のものであって、「自己PRを見つけるため」のものじゃないと思う。(結果的に、自分をPRする材料は見つかるとは思うけれど。それはあくまで結果。)自分を知る、考える、っていうのはすなわちどういうことかというと、自分の生き方を考える、と同義だと思う。

自分はどう生きたいのか。
人生で何がやりたいのか。
どんな人間になりたいのか。


切り口は色々あるけれど、要するにそういうことだ。

だから、就職先が決まった瞬間に用なしになってしまうような自己分析には、意味がない。それは考えたとは言わない。考えた気になっただけだ。

就職活動が本格化する前の今、必要なのは、とことん考え抜くこと。

考えて考えて考えて考えて。
考え倒すこと。


そうやって、考え抜いて出された自己PR、志望動機で負けるはずがない。



「考えること」にこれだけの多くの時間と資源を使えるのは、今が最後かもしれない。


必死に考えましょう。



よく分からないひとは、とりあえず「考える」って何だろうってところから始めてみてもいいと思います。



てか、テクニックも重要だけど、こっちの方が重要なんじゃないのか??
誰もこんなこと言ってないけど。。
こっちの方がずっと大切だと思うんだけど、どうなのよ!!
みんなどう思うんだーーー!?

就活中の人にも、就活終えた人にも、就活塾とかやっているような人にも意見もらいたいです。まあ要するにみんななんだけど。


そう思わない???
それとも当たり前すぎるのかな。


おれは、考え抜いた末、ようやくここにたどり着いたんだけど。
[PR]
by shushokukatsudou | 2005-01-18 01:25 | その他の雑記